お菓子は食べ方によってはダイエットになる

お菓子は食べ方によってはダイエットになる

ついつい間食をしてしまう人に朗報です。お菓子も食べ方によってはダイエットになるかもしれません。お菓子を食べることはダイエット中であればご法度です。一切食べることはできません。ダイエット中であればお菓子ではなくもっと栄養価の高い野菜、プロテインなどをすすめられます。もちろんダイエット中ならそういう脂肪になりにくい食べ物を食べるのがベターです。ですがそこまで本格的にダイエットしてない、ジムに行っているわけでもない人は少しダイエット中であると自分に言い聞かせてはお菓子をやめたりやめなかったりしています。

フルベリで痩せた人続出?口コミとレビュー

お菓子を食べてダイエットできる理由

お菓子を食べることで、過食を防ぐことはできます。夕食でがっつり食べてしまう人は、おそらくそのあと体重計になるのが怖いはずです。お菓子をはさむことで夕食の過食を防ぐことができるのである程度の間食はOKというわけです。ダイエット中でも食べたいときは食べないとストレスによるリバウンドの可能性も高めてしまいます。

 

エネルギーを上げ続ける

ダイエット中で絶食している人もいますが、ダイエットで脂肪を燃焼しようと思えばかならずエネルギーも必要になります。ですから全く食べないダイエットはかえって逆効果になりかねます。食べることでエネルギーを維持して運動をする活力を与えます。もちろんお菓子も食べ過ぎはNGです。スナック菓子はエネルギーが高いのと、塩分、脂分などが多いものばかりです。毎日そういうスナックを食べ続けると太っていきます。

スナック菓子でも、甘いものでも約半分に分けて食べることで、余分なものも半分カットして摂取できます。要は戦略的にお菓子を食べるということです。

 

お菓子を食べたことで血糖値を維持することができるので、夕食でめちゃめちゃ食べてしまう人にとってはお菓子も良いアイテムになります。せっかくダイエット中なのにまた夕食食べ過ぎたとなればまたストレスになりかねます。

ダイエット中でもお菓子をうまく使う

ダイエット中でお菓子を我慢しているなら、一度見直してお菓子を食べることで、ダイエットがまたスムーズにいくかもしれません。お菓子もいろいろあって、甘いものの気分とか、しょっぱい系のものが食べたい気分とか日によって違います。「ダイエット中だからやめとこう」と毎日我慢するのではなく、3日に1回、4日に1回とわけて間食をはさむのもありです。

 

ただ毎日食べると、血糖値の上昇を抑えることができなくなって、徐々にお菓子だけでお腹を満たすようになるので危険なものでもあります。まずそれを防ぐには「家にお菓子をストックしておかない」ことでお菓子生活を制御できます。どうしても食べたくなったら買いにいくというスタイルにしておけば、「お菓子があるから食べてしまう」を防ぐことができます。

結婚した杉原杏璃さんの魅力的なボディを作る方法

 

 

 

健康カテゴリの最新記事