本当の美しいとは?

本当の美しいとは?

本当の美しいとは?

本当の美しいとは、人がより多くの仲間を持ち、より多くの仕事を見つけたり、他の人に影響を及ぼすことができるということを意味します。魅力的でないということは、自分の内面の部分から魅力を発揮できていないということになります。

 

逆に美しくない人というのは、ほかの誰が見ても美しさ、魅力を感じられないという特徴があります。他人を引き付ける「何か」が美しさを出していると思います。

 

たとえば、仕事のできる男性、女性というのは、魅力的で美しいと評価は高いです。なにかの分野でトップのスキルを持っているとなれば他人からの評価はかなり高くなります。その評価の中に美しいも含まれています。

 

いわゆる “美しい人というのは、礼儀やしぐさ、見た目、趣味などさまざまな部分で魅力を出し続けている人です。もちろん完璧という意味ではありません。なにかに長けている人など、平均よりも上に位置している人は美しくうつるものです。芸能人を見てみましょう。芸能人はテレビで見るよりも、現実で生で見るほうが魅力を感じます。それはすでに「すごい人」「自分より(平均)よりも有名で魅力的」であると脳で思い込んでいるからです。

 

なにか特別にすばらしい人間離れしている人でないにも関わらず、芸能人、有名人は一般人よりも魅力的に映ります。ある意味錯覚です。自分が芸能人だとすればその魅力を手に入れることができるのはないでしょうか。美しいマダムをみれば気づくはずです。自分に磨きをかけ、芸能人ではないにも関わらず、美しい、オーラを感じるなどの一般人が大勢います。

 

そうした人間に誰でもなることができます。手段は自分で選択します。美しいはそれぞれ個人によって解釈が異なります。が、見る人の評価はほとんど違いはありません。他人を評価するのと、自分を評価するのには大きな差があるからです。

 

他人よりも優れているという考えではなく、昨日よりも1週間前より自分が美しくあればそれでいいです。追及し続けることが大事です。ですが、道のそれた追及は逆効果をもたらします。また与えられるだけでなく、与える人間になることも美しくなる一歩です。必ず人に与えましょう。与えたら自分に数倍で返ってきます。良い形で。

 

ハンサムや美人でなければいけないということでありません。誰から見ても美しい人というのは、見た目だけで点数をつけません。見た目というのは街ですれ違うときだけです。相手を知る機会を作れる場面があるのであれば、見た目だけ美しいのは意味を成しません。

 

礼儀、しぐさ、普段の生活での行動、相手への気配りなどすべてを美しく保つことで、外にでても評価は高いままです。最初に美しいに取り組むのは負担になります。ですが、その努力はいづれ幸運をもたらします。

 

恋愛カテゴリの最新記事