お腹まわりを気にしている方はこういう腹筋方法をしてみよう

お腹まわりを気にしている方はこういう腹筋方法をしてみよう

お腹まわりを気にしている方はこういう腹筋方法をしてみよう

お腹まわりが気になるけど、寒い時期はいいかと他人事のように片付けていませんか?体は細いのにぽっこりお腹だけがでている体型の方多いと思います。メタボまで行かないけど、お腹まわりって普段の生活ではあまり使わないんですね。だから使ってあげないことにはくびれもできないし、放っておくとぽっこりお腹だけでてきたりします。

 

かといって腹筋運動は面倒とか、そんな時間ないわと思ってしまっている人には、10回で効く腹筋をおすすめします。10回なら時間でいえば10秒からせいぜい20秒程度です。そんな1分足りとも時間がないって人はいないはずです。ぽっこりお腹を放っておくのではなく、腹筋を引き締めるだけでも、今後長い目で見てもお腹がでにくい体を手に入れることができます。ぜひやってみましょう。

結婚した杉原杏璃さんの魅力的なボディを作る方法

10回の腹筋方法

仰向けに寝転んで両足を上げます。両足は90度です。まっすぐ上げて顔は天井を見てます。

そのまま膝に向けて両手を伸ばしてタッチします。このとき腹筋は丸めるのではなく、縦に収縮しているかを意識します。ただ丸めるだけでは腹筋には負荷がかかっていないので縦に意識を向けます。これをゆっくり10回行います。ただ膝をタッチするだけではなく、腹筋を意識して行います。画像は膝をタッチしてますが、天井に両手を向けて背中を浮かすだけの腹筋でもいいです。そのほうが無理に体を丸めなくてすむのでそちらのほうがいいと思います。

この腹筋方法だと腰を痛めないし、腹筋にも効果が高いのでぜひテレビを見ながらでもやってみてください。ぽっこりお腹は卒業してしまえば、自然に自ら腹筋をしたくなります。

股関節を柔軟にすると急に痩せてくる

 

健康カテゴリの最新記事