30代の人の結婚観

30代の人の結婚観

30代の人の結婚観

30代の男女の結婚観ってどうなっていると思いますか?20代とは違い徐々に考え方に変化が見えてきます。30代となると成人してもう10年たちます。なのでけっこう焦り、またはこのまま独身でいいかもなどの考えが浮かんでくる年頃です。

 

30代になるとこのまま「独身」を選択する人が増えてきます。というのもこのご時世「結婚=幸せ」という概念がほとんどありません。環境が恵まれている今の時代は独身でいることのほうが多くのメリットがあるからです。とはいえ結婚が不幸だということではありません。嫌なところに目をつぶらないといけない状況が増えるだけです。

 

男女によって結婚観は違う

30代の男女によってももちろん結婚観は違ってきます。一人で良いという男性、婚活に励む女性などさまざまな人がいますが、個人的には30代になってしまえば、急いで結婚する必要はないと思います。将来を少し考えられる年齢になっているので、少し将来的なことも視野にいれて考えてみます。

 

たとえば、お墓の問題、子孫の問題などなどがありますが、個人個人が本当に幸せになるには、独身でも充分幸せでいられます。最近では事実婚などもあり、生き方、生活の仕方は複数あります。

 

ただお年寄りになったときどうするの?と考えてしまいますが、数十年後のことは今考えても何も生みません。たとえばここ数年でスマホなどが普及しましたが、ガラケー時代の方は今でもガラケーを使っているのかというとそうではないです。時代が変化すれば、それ相応に変化していくので流れにまかせることです。

 

30代になると結婚に踏み切れない

重大な問題でしょうか。30代になると結婚に踏み切ればいという方がいます。結婚に踏み切れないということは結婚しなくてもいいということです。というのは、結婚は生活が変化します。この人とならもうすでに生活しているから一緒に生活をすることを認めてもらうというのが結婚です。

 

結婚に踏み切れないということは、結婚しないほうにもメリットがある、心残りがある、今の生活を変えたくないなどの心理があります。また女性は家庭に入らないといけないという概念もありますが、今の時代はそうでもないです。それでも仕事をしてお金を自分の好きなことに使えるという点では結婚しないほうがメリットがあります。

 

そういう意味でも踏み切れない人が多い理由なのではないでしょうか。単純にそこだと思います。結婚して子供をもうけるということは幸せの形だと思います。子供を育て、自分の子孫を残せたということはまた親孝行にもなります。

 

ただこれだけは言えるのですが、結婚は無理してするものではないということです。以上

 

恋愛カテゴリの最新記事