脚やせを寝ながら行う方法

脚やせを寝ながら行う方法

脚やせを寝ながらできる方法

脚やせを寝ながら行う方法を紹介していきます。寝転ばない方法は多いですが寝転んでというかなりズボラな足痩せ方法です。ですがこれならテレビを見ながらでも行えます。

太ももはむくみをとるだけで痩せる?

 

  • 仰向けで片足ずつ伸ばす
  • ふくらはぎ、太ももの裏が痛いと感じるぐらい伸ばす
  • もう片方も同じストレッチを行う

この方法を実践することで、むくみでパンパンの脚の滞りをなくしていきます。痛いと感じますが、効きます。

 

  • 太ももの前側を伸ばす
  • 脚を曲げて画像の状態でキープします。
  • 深呼吸しながら5秒から10秒ほどキープします。

女性は体が柔軟なので、これは簡単にできると思います。寝転んだ状態から太ももの前をしっかり伸ばします。ヨガ的なものが多いです。筋を伸ばしてやることで、血流がよくなります。血流が良くなるということは、身体の熱量が上がります。熱量が上がると、脂肪を溶かしていく作用が働きます。脂肪は脂なので熱に溶けます。

 

必ずマッサージしてあげる

よくリンパマッサージしてるあれです。足のマッサージをしてあげることでむくみにくくなるのと同時に、足痩せに効果てきめんであるということです。面倒な作業ではありますが、足痩せには足のリンパマッサージが効き目が高いです。

 

まず寝ながら脚痩せストレッチの前に、マッサージを施してあげます。それによって代謝もよくなり、ストレッチの効果を高めます。マッサージは太ももから、ふくらはぎにかけて行います。

楽天コスメ大賞受賞!超温感ボディクリーム


コスメ大賞を受賞した足痩せに使うボディクリームです。むくみはもちろん、セルライト除去にも使えます。マッサージするのであれば足痩せに特化したクリームを使うほうが効果的です。

ボディーバーニングジェル


脚痩せ専用クリーム、ボディーバーニングジェルは、熱量を上げる作用があります。かっさがついているのでリンパを流すマッサージはもちろん、かっさでふくらはぎをマッサージするとかなり気持ちいいです。ふくらはぎの疲れ、むくみに効きます。

 

おさらい

脚痩せには、マッサージをして熱量を上げてから、ストレッチしていきます。これは毎日できれば言うことありませんが、自分ペースでいいと思います。テレビを見ながら脚をクリームでマッサージし、そのあと布団で寝転んでストレッチをすれば睡眠にもよさそうです。

健康カテゴリの最新記事