太ってしまった原因を知るとダイエットは成功する

太ってしまった原因を知るとダイエットは成功する

太ってしまった原因を知るとダイエットは成功する

これけっこうダイエットには重要です。太ってしまった原因を知ることで、ダイエットはすぐに成功すると言われています。なぜなら太ってしまった原因というのは根本的な解決法だからです。太ってしまった原因は人それぞれ、いろんなパターンがあります。が、共通点としては、食べる量ー消費カロリー=体形というのが当てはまります。

 

食べ過ぎではないけど、消費しているカロリーが足りていないと、痩せることはありません。食べる量は少なくて、消費カロリーは多いとなると、痩せすぎで栄養失調です。太ってしまった原因はもうすでに自分で気づいているはずです。太ってしまった原因がわからない場合は、「何を食べたか」を記録してみましょう。

 

1日1食ダイエットは?

書籍にもなっている1日1食ダイエットというものがあります。これは正直言うとかなり効果はあります。それはもちろん1日1食しか食べていないので自然に痩せていくという魂胆です。ですが、この1日1食は何を食べても、好きなだけ食べても良いというルールになっています。

 

体重が100㎏以上ある方でもおそらく効果は高いと思います。実際に実践した人は90㎏から70㎏まで、4~5か月ほどで落ちたといいます。なので1日1食ダイエットはおすすめになります。1日1食は夕食で、朝と昼は、水分、バナナ、卵などは食べてもいいです。

 

こうしたダイエット法で共通しているのが、「血糖値を上げない」食事ということです。ご飯(お米)は血糖値を急激にあげます。糖分のあるものは基本的に血糖値を上昇させます。血糖値が急上昇すると、血糖値が急激に下降します。この時体は空腹を感じて、また食べたくなって食べてしまいます。太る主な原因はこれです。

 

炭水化物を抜くダイエットは逆効果?

一時期流行していた、炭水化物を抜くダイエット方法は逆効果といえます。なぜなら人間の体はやはり糖分が必要です。必要な分の糖分を摂るには、ご飯などの炭水化物を食べる必要があります。この食べる量の加減が難しいんですね。だからダイエットが続かないということにもなってしまうんです。

 

なので1日1食というルールでダイエットをやると極端ではありますが、必要な栄養も摂ることができます。完全に炭水化物を抜くこともありません。このダイエット方法は大食いな方に向ています。

 

太った原因を知ることからダイエット開始

太った原因を個人で解析して、それに沿ってダイエットをすることからダイエットは開始になります。明日からダイエットと言っているのであれば、明日からでもいいです。それで今日から「なぜ太ったのか?」を考えながら寝ましょう。その時点でダイエットは始まっています。

 

シンプルに食べ過ぎ、炭水化物が好きでかなり食べる、1日に何回も大食いする、1日のカロリーがどう考えてもカロリーオーバーなどなど、まずは自分の解析から始めます。それをやらないことには、ダイエットは始まりません。ダイエットは難しいと言われますが、ダイエットの方法というのはかなり簡単なんです。どこの仕事よりも楽です。

 

ですが、それをやって「結果」がでなかったことを考えてしまいます。または苦痛を伴うダイエットなどをやるとこれも逆効果です。きつい運動でダイエットするには、それ相応のモチベーションを維持しないといけません。モチベーションを維持できないことでダイエットを挫折してしまいます。

 

太った原因が炭水化物の摂りすぎなら、炭水化物の代わりでたくさん食べてもカロリーが少ないものに変えるなどの対策が必要です。置き換えダイエットとかも流行ってますが、これもいいと思います。自分の原因に対して、自分のダイエット方法を選んでいくことで、ダイエットは最速で成功します。

脚やせを寝ながら行う方法

 

健康カテゴリの最新記事