歩くだけで痩せた人の「痩せる歩き方」

歩くだけで痩せた人の「痩せる歩き方」

歩くだけで痩せた人の「痩せる歩き方」

歩くだけで痩せることはもう知っているかもしれません。歩くことは有酸素運動になって、代謝を高めます。最近では走るよりも、ダイエットには「歩く」ほうがダイエット効果が高いと言われています。痩せるために、過度な運動、エクササイズは最初から行うものではありません。継続することが困難ですぐにやめてしまうからです。

 

早歩きと、歩幅を広く

普通に歩いてるだけでも痩せていく効果はあると思います。痩せた人の歩き方の特徴を挙げておきます。

  • 早歩き
  • 1歩の歩幅を広くする

まず、早歩きで歩くことで、心拍数が上がって血流がよくなります。寒い時期でも早歩きであれば数分で体がぬくもります。早歩きで急ぐように歩くことで効果を高めています。早歩きは代謝をよくするために、足の筋肉を使います。体の中で一番大きい太ももの筋肉を作用させることで、循環をよくします。足を鍛えるとだんだん体の余分な脂肪を燃焼しやすくなります。

1歩の歩幅を広くして歩きます。シンプルで簡単です。自分の通常の歩幅よりも半歩、大きく足を広げてウォーキングを行います。そうすることで、自然と腕もふれるので体全体の運動になります。

 

痩せる歩き方は特別なことを覚える必要はありません。早歩きで歩幅を大きくするだけです。歩くときはどちらも行います。歩く時間はおよそ20分以上ぐらいで充分です。1時間も歩く必要はありません。痩せようと思っている人は、「さぁ歩いてこよ」と気軽に行えるウォーキングを行ってみましょう。痩せるための運動を20分で完了させることができます。

カロリー制限をして筋トレして有酸素運動をして…

健康カテゴリの最新記事