にきびができる主な原因は「ストレス」である?

にきびができる主な原因は「ストレス」である?

にきびができる主な原因は「ストレス」である?

自宅に帰ってきてふとため息をつくといった毎日を過ごしている方は要注意かもしれません。ストレスは体にすごく影響を及ぼします。とくににきびや吹き出物などができはじめたら「ストレス」を体が感じている証拠です。

 

ストレスによってにきびが発症し、そのあと数日もにきびが出たままで生活をしないといけません。たかがにきびと思ってしまいがちですが、清潔にしているのににきびや吹き出物がでてくる場合は、かなるストレスを感じているものと思われます。

 

ストレスは目には見えません。ストレスは体の外部ではなく、内部に影響します。たとえばストレスで「胃」が弱まってしまうことは有名で、胃が弱まると、今度は肌に影響してきます。つまり外部にでてくるのは蓄積されたストレスで、日々ストレスを抱えている可能性が高いとなります。

 

刺激物でもにきびができる

よくコーヒーなどを飲むんですが、カフェインなども刺激物で内臓に刺激が強めです。その刺激で内臓が弱まると、周りに回ってにきびや吹き出物となって体の外部に現れます。「あ、にきびができてる」と気づいたときはなにかストレスを抱えているか、食事で何を食べたかなどを思い出してみることです。

 

食事だけならまだしも、ストレスとなるとにきびだけで済まない非常事態にもなりかねません。ストレスによって精神的にやられてしまう可能性も高まるのでストレスを解消させましょう。

 

ストレス解消させる方法

ストレス解消方法は人によって違います。音楽鑑賞、映画鑑賞、カラオケ、スポーツなどのアグレッシブなものまで、体を動かすのが好きなんであれば、スポーツ系、汗をかくこと、体を動かすよりも感性を刺激させたいのであれば音楽、映画、読書などがあります。ストレス解消方法は探せばかなりあります。ストレスを解消して体も中身もすっきりさせましょう。

 

健康カテゴリの最新記事